男性特有の薄毛とはどういうものか。

薄毛というのは、
いろいろな原因から起こります。
また、女性であっても年を取ると薄毛になる場合があります。
しかし、特に男性の場合に薄毛が多いのは、
男性特有の男性型脱毛症というものがあるからです。
男性ホルモンのテストステロンが引き起こすこの症状は、
全国で1200万人程度の男性に現われているそうです。
男性ホルモンが原因なので女性はなりません。
この男性型脱毛症は進行性のものなので、
放って置くと、どんどん症状が進行していきます。
実際に薄毛になっている人には、
どういうものか実感出来ているかと思います。
男性型脱毛症になると、
男性ホルモンのテストステロンが
ジヒドロテストステロンという物質に変化し、
ヘアサイクルに悪影響を与えてしまいます。
その為、弱い髪の毛が育つようになります。
こうした弱い髪の毛は脱毛しやすくなるので、
薄毛が進んでいくことになるのです。
また、弱い髪の毛は細いので、
頭全体の髪のボリュームが少なくなって、
薄毛が目立ってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>