髪の毛に悪い影響を与える不摂生。

身体に悪い事は、髪の毛にも当然悪い影響を与えます。
悪いと分かっていてもしてしまうのが不摂生でしょうが、
どのように髪の毛に悪影響をおよぼすのか、
考えていきましょう。
タバコは特に髪の毛に悪いと言われています。
タバコを吸うと毛細血管が収縮してしまうのです。
そうなると、髪の毛に適切な栄養が行き渡りません。
薄毛になる原因となってしまうのです。
過度の飲酒も問題です。
アルコールは、
髪の成長に必要な
マグネシウムやビタミンB群を体外に排出してしまうのです。
これもやはり薄毛の原因になります。
睡眠不足も問題です。
髪の毛は夜に育ちます。
身体がリラックスした状態になると、
身体の成長が促されるのです。
それなのに夜中に起きていると、
髪の毛の成長が阻害されてしまいます。
徹夜は特に問題でしょう。
こうした不摂生は身体に良くなく、
髪の毛にも良くありません。
なくしていくのが、
髪の毛の為にも良いのです。

育毛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>